お薦め

中古車のチューニングカー

プラモデル大好きな男性にとって、
車をいじって最大のパフォーマンスを出すことは原始的な喜びでしょう。

チューニングカーと一言でいっても、その内容は多岐に渡ります。
Wikipediaによると、
『部品や部位ごとの能力を高め、車両の性能を高める作業を施した車』
を指すようです。

そして、前オーナーが、車に手を入れた状態で、
販売されているのが中古車のチューニングカーです。
チューニングカー専門に扱う中古車販売店もありますので、一定のニーズはあるようです。

新車として製造・販売される量産車は、
製造コストや歩留まりが最重要視され、
設計時には、長期安定性やデザイン性が重視されて、
車としての性能は最適化されていない箇所が多くあるのです。

それらをひとつずつ改善し、出力を上げ、無駄な燃料消費を少なくするために、
パーツを加えたり、加工したり、設定を最適化して、
望む性能がだせるようにしていくのが、チューニングの醍醐味です。

これは非常に高度なテクニックを必要とする、デリケートな作業で、なかなか一朝一夕にはできません。
当然負担が大きい状態で走ることがおおいので、高い頻度でのメンテナンスもしなければなりません。

チューニングカーを購入したいのであれば、
本来はチューニングした本人から直接説明を受ける必要があるくらいですが、
なかなかそうもいかないので、難しいところです。

中古車の最大のデメリットは、どこまでいじってあるかわからないし、
どのような使われ方をしたかわからないという点です。
少なくとも整備工場にいかずとも、自己整備で大体のことができるレベルの人でないと、厳しいです。
また何かのトラブルがあったときに、コンピューターが変わっていると、ディーラーでは対応できない場合もあります。

フルチューンの中古車は、素性がわかれば得かもしれません。
しかし、詳しい内容がわからないとメンテナンスもできません。
また、購入してすぐに、あれがダメ、これがダメ、普通にあることです。

さらに、パワー、トルクとアップしている車は、
ノーマルの状態に比べて、あちこち負担が掛かっています。
消耗品の交換時期も早いので注意です。