お薦め

下取りを価格交渉に使う

中古車は基本的に値引きをしない代わりに、
色々なオプションをつけてくれたり、
今乗っている車の下取り価格を高くしてくれたりと、
できる限り対応をしてくれるお店が結構あります。

中古車販売は、新車販売と違って、利益の幅がせまく、基本的に値引きはしません。
無理に直接値引きを交渉して喧嘩するよりも、
上手に交渉して、お得に中古車を手に入れる方が、お互いに気持ちがいいですよね。

下取り車があるときは、買取価格の交渉をセットにしてみてください。
高く買うほうが、安く売るよりも、やりやすいのです。

そのためには、まず下取り車の相場の価格をある程度知っておくことが必要です。
今はインターネットで実に気軽に相場の値段が調べられます。
見積もりだけはほとんどのところが無料です。

利幅が見えれば中古車相場と照らし合わせて有利な交渉ができます。
ただ買い取り会社ごとに得意とする車種の傾向があり、
価格の高低があるので、1社の査定ではなく、
複数の下取り屋さんに査定してもらい、平均価格を出しておくのが良いでしょう。
アピールポイントがあれば(限定車であったなど)店によっては破格の値段で売却できるかもしれません。

インターネットで同時査定なども申し込みできます。
複数の会社に査定をお願いしつつも、他社に示された値段を伝えないほうが有利です。

価格の交渉にはいるのは、会社を決めてからにしましょう。
一般的な話として、ですが、ディーラーの下取り価格は、買取価格よりも低い傾向があります。
まずは買取査定をしてもらい、その金額が下取り金額より高い場合はディーラーに相談しましょう。
新車購入=ディーラーの下取りでないので、好きなところに売る権利があります。
「得する」売り方をするためにも、あせらず、検討しましょう。
車同様、業者とも相性が重要です。

中古車で新車並みの大幅値引きが出る店は、逆にやめた方が無難です。
最初についていた価格が、高すぎる価格の可能性が大です。