お薦め

事故者編 シーリング

一度でも事故をおこしてしまうともう事故車に認定されてしまう、
と思っている方が少なからずいると思います。

では、ちょっとでもこすってしまったら、もう事故でしょうか?
実際に中古車市場で、事故車(または修復歴車)と認定されるものは、
事故・災害などにより自動車の骨格に交換・修理等を施したものとされています。
骨格ですから、ささいな傷や部品の修理、交換は、かならずしも事故車と判定されません。

中古車はもうその時点で、実際に何年か走っていた車ですから、多少の凹みは、あるのは当然です。
怖いのは大きな事故をしているにもかかわらず、それが表記されていない場合です。

大きなねじれが生じるような事故車は、遠めからじっくりみると、ねじれているのがわかる場合もあります。
そのような車はいくらホイールアライメントを適正にしてもやはり性能は大きく損なわれます。

ワンオーナー車で記録簿付きの低走行距離フルノーマル車なら、
修復歴なしを信じてもおおむね大丈夫でしょう。
しかしそのような車は少ない上やはり高額ですので、
とにかく大きな事故をしていないことを、しっかり確認できるポイントをみたいですよね。

シーリングは、ひとつのポイントになります。
シーリングとは、色々な隙間を埋めて、密封・防水のために目張りされている処理のことです。
このシーリングの状態を見る事によって、この車が修理をされているのか、推測ができます。

サイドフレームとホイールハウスのつなぎ目など左右があるものは、見比べてみてください。
修理は片側だけすることも多く、その場合ははっきり違いがわかるはずです。
シーリングの割れがあれば、交換されているかもしれません。

たとえドアが1枚交換されていても、機能上問題なければよいのですが、
大きな事故の場合は車がねじれている場合もありますので注意が必要です。
また大きな修理がされているにもかかわらず、
それが明記されていない車を販売している中古車販売業者を信用していいのか、
という問題もあります。

シーリングやねじれを見分けるのはプロでも難しいところですが、
気になったら問い合わせてみてください。